2005.04.20

秋田木工の曲げ木家具 私のサイトショップで 

17042001
・・・・・・・・・
 日本ではもうここだけの生産になりましたね、曲げ木家具。
秋田の樹齢150年以上のブナ材を蒸して曲げて作ります。

おすすめは軽い椅子ですね。造りがしっかりしているのに軽いんです。
私が物心付いた居た頃見た、映画やテレビの向こうにはいつも映ってた椅子です。
アラン・ドロン出てた映画、カトリ−ヌ・ドヌ−ブやオードリー・ヘップバーンがパリを歩けばそこにあり、西部劇でアメリカが舞台の酒場にも幌馬車の荷台にも何時も曲げ木の椅子がありましたね。
パリのカフェで外でお茶するのに小さなテーブルと曲げ木の椅子があるのは、ギャルソンが片付けやすい重さだったからと聴いたことがあります。
雨が降り出してもすぐに片付けられますものね。

 ブナやナラなどの堅木を曲げて家具をつくる方法は1830年頃、ドイツ人、ミヒャエル・トーネット(Michael Thonet=1796〜1871年)によって発明されたもので、家具のデザイン上、製法上大変面期的な出来事でした。軽く、美しい曲線をもつ丈夫な曲木家具は、庶民の家庭にも、王官の部屋にも広く行きわたり、どこでも大好評でした。
現在では国内は「秋田木工」ここだけの生産になります。
 秋田木工は明治43年(1910年)、曲木家具の製造を目的に創業され、以来貴重な良材を丹念に加工し、確かなモノづくりで曲木を通じた木工の永い経験と、高度な技術の蓄積により、あらゆる要望に応え得る態勢を整えています。

 曲木家具とは、天然のムク材を、その特質をそこなうことなく、必要に応じて曲げ、それをもってつくる家具です。 木材は、蒸煮・煮沸されると著しく可塑性を増します。この性質を利用し、帯鉄(鉄型の冶具)に沿わせて強制的に曲げて、そのまま治具に緊締し、充分に乾燥させると成型されたかたちが保持されます。
直材を削って形づくる曲線と異なり、切れ目のない自然で流麗な曲線を描き、一本の材料で人体のカーブに合わせた支持線や面をつくることができるなど曲木にはすぐれた特徴があります。

 丈夫で飽きの来ないデザインは40数年我家で使っている重ねて仕舞える椅子(スタッキング・チェア−)が未だに現役なのが証明ですね。
皇居の折り畳み椅子もここの製品ですよ。

 基本的には、受注生産ですので納期に時間が掛かります。その変わりと言っては何ですがね、高さ等特別注文が可能です。(この返品は御容赦下さいね。)
家での反省は、テーブルから高く出た椅子の背もたれは、配膳の際ぶつけてしまうので・・・バランスは考慮してお選び下さいね。

今回販売可能な商品は秋田木工全製品と特別注文品です。これらの製品は天然木を素材にしてますので、同じ形でありながら全く同じではないものです。その辺を楽しめる方にお勧めの家具です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

楽天の講座 秋田の話

17030301.jpg 
 今日は楽天の『初めてのネットショップ運営講座in秋田』に行って来ました。
実売実績のある店鋪のみ審査の上で、楽天に出店出来るそうで、すぐご免なさいされました。
楽天フリマというのを使って売ってはどうですか、とのことでした。
なるほど、取り合えず資金繰りのこと考えてみると手持ちの工芸品出品してみましょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.07

ブログの『なまはげ』さん

 ユビキタス世界ってどんなになるのか判らないでいる今だからですね、モラルが問われる事が大切だと思います。
名前も素性も明らかにしなくとも守るべき事は守って当たり前。
ずるをしては汚点がのこりますよ。
古き時代に凛と生きていた方々に尊敬を覚えるのはこういう姿です。

 私が職人さんに光ったものを感じるのは、それを当たり前に生活為さっていることです。新しい生き方が必ずも素晴らしいとは限りません。
温故知新。
自分の事ばかり云っては、幸せは遠くなるとも聞きます。

秋田の男鹿半島の『なまはげ』さんは、甘やかせて育てた我が子がその我がままで事故にあって死にましてね。『なまはげ』さんは、悲しみ、自分の育て方を反省して怒っているという創作童話がありますね。

 ユビキタス世界の『なまはげ』さんが居ました。

『悪徳不動産の独り言』さんが、ユビキタス世界での大家さんにあたるニフティーの姿勢を問いただしているんですよね。というのも、こういう話が出て来まして、poohpapaさんはそのコンテストにノミネートされて居たこともあって、今発言すべき時と感じられていますので『悪徳不動産の独り言』で発言を始めています。

 一年で4000件のコメントがあるブログ職人のpoohpapaさん。
その愛があるが故に、叱り人の為に涙する昭和の男を私は応援します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.26

ホームページ 秋田の話

ホームページ。
 まだ、よく判ってないのに作り上げようとしています。
ブログはただただ書き込みして来て、五ヶ月ぐらいでしょうかね。

今、立ち上げてますのが、職人さんの応援サイトショップ【工芸品の情報と販売】。

 楽天は月の店賃?が高いので、まだ入れそうにないので・・・
Yahoo!をはじめ多種多様に受け入れて下さる所はある様ですね。
予算・目的などで自分にあった方法は探しきれれば可能なのでしょうが、探すのって難しいですよね。

前に、桜さんがお尋ね下さった話では、何方かが造って下さったが、開く段階で多額の金額が掛かると言う話でしたかね。

 私の立ち上げ方はこうです。
ホームページのドメインを管理運営して下さり、ある程度ショップの運営のフォロープログラムがあるところに年契約で少しでも安く安全な仕事をしてもらいます。
 手始めに、屋号のドメインが取れました。管理会社が手続きしてくれましたのでね、私は、英文の契約書と格闘しなくて済ませました。
そして、手間賃を支払って作る所は、自分で作業するということで・・・
今大変なことは、送料の設定です。管理運営プログラムではここに細かな設定も可能のようですが、商品ごとでなく、注文金額との設定なんですよね。
買って頂く方には、御負担はなるべくないようにとしましても・・・
(なんだか、話がHPの事のようで違って来ましたね)

ブログが簡単ですね。ただ、プログラムが各社違う様ですし、規約も違う様です。
ここの、cocolog. @niftyでは、条件をみたせば、販売活動も可のようですね。
>会員規約第17条(営業活動の禁止)第2項の定めに基づき、ユーザーはサービスを通じて営業活動を行なうことができるものとします。

と、言うのを見つけましたから。で、『第2項の定め』がなんだか確認してませんけれど。一寸、確認するのがすぐ見つかるようで見つからなくてごめんなさい。

それにしましても、今日、電話があったんですよ。
この『微笑の日記』は、あなたでしょって。そうなんです、私なんですって

明日、お会いして来ます。その方もびっくりだった様ですよ。何かの拍子に自分の名前を検索したら出て来て、ブログの中に懐かしい名前と自分の名前が出てたんですからね。
ん?でも当人は現役時代有名な方でしたからね。サテライト時代から・・・
また、書いちゃった(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.21

ダウン  私の話

17012101.jpg 

何年ぶりだろ、全く・・・
睡眠不足の作業が続いたと言うことで
何十年ぶりの、母のフレンチトーストが食べられた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)