« 新作花火その2 D70 | トップページ | 続・D70使い勝手 »

2005.03.21

D70使い勝手

17032101
poohpapaさんからD70使い勝手の質問がありましたのでね。

カメラの話は色々なところからありますが、今日はコメントに質問下さいましたpoohpapaさんの疑問に現在の情報にうといまま書き込みます。(我ながら大胆ですね)

はじめに私の写真暦とデジタルとフィルムの話

 私の写真生活は父が二眼レフカメラを持っていたので、覗くのが大好きで(万華鏡も覗きましたが左右逆動きの二眼レフが面白かったですね)、フイルムの入っているカメラは父のオリンパス・ペンEEのハーフ判。
兄が買ってもらったはずのボルタ判のおもちゃカメラを高校生まで使ってました。友人のブローニー判のカメラを譲ってもらって毎日もって歩いたのも高校生の頃からですね。
 テント芝居や劇場芝居、コンサートも撮影させてもらいましたね。

そこで知ったのがフイルムの特性。その性質を知らないと思うように写真を残せないんです。白黒フイルムもカラーフイルムも、そして、ネガなのかポジフイルムなのかなんです。
浅井晋平さんのカリフォルニアの海岸は、ISO25でF8の1/125だったとか。
当時、グレーパープルの冬空の秋田ではISO400フィルムを増感してた私です。

そして、デジタルカメラが出てきましたね。『プロジェクトX』で皆さん御存知のカシオのデジタルカメラ開発の話。プリクラ。インターネットのオークション流行りでますます加速のデジタルカメラ。
私もデジタルカメラはインターネット用の賞品撮影に使うのにランニングコストの掛からないので使用始めましたので、まだ、数年です。

そこで使ってみての驚きは、ビデオと同じようにホワイトバランスが設定できることです。これは、フイルム時代ではとても大切な認識でありながらお金が掛かることでした色を自分の希望通りの色合いにするのには、ネガはむりです。ポジは色温度メーターが必要で、かつ、フィルターが多数必要になります。
早い話が希望の色合いに自分でコントロールできる、パソコンソフトのフォトショップは私の集合写真も自分で作画できるので大変重宝しています。

ここまでが長い前振りでして(爆)、コンパクトデジカメの色合いと、D70の色合いの違いでしたね。

コンパクトデジカメを使って驚いたのがフイルムの特性のひとつ、シャッタースピードの低速時における色合いの変化が無いように作られていることでした。
フィルムですとね、1/15以下ですと段々赤みを持つんですよね。
どうも、光の赤と青の性質のようですね。
D70はそこいらへんを感じていたいままにカメラになっているようです。
デジタルのカメラはそこを補正してあるのでしょうかね。
フィルムの特性でしょうか。

多重露光がD70で出来たら最高です。

<福寿草、今日の秋田市での撮影です。>

|

« 新作花火その2 D70 | トップページ | 続・D70使い勝手 »

コメント

poohpapaさん お晩です(^^)
 
 私のお伝えしたいことは、たいがい理解して頂いてますね。ありがとうございます。では、続きは本編で。

投稿: 微笑 | 2005.03.22 10:58 午後

こんばんは

丁寧に解説してくださって有り難うございます。・・・って、実はまだ良く理解できていないのですが、低速で撮影した時には赤味を帯びるもの、だったのですね。だから、室内でストロボを焚かないで撮影すると赤が強く出るのですね。

私のD70はオークションで手に入れたものですが、出品者さんが「購入して直ぐ手離すことにした理由」というのが、「D70のホワイトバランスに納得がいかない」というものでした。フィルムカメラの特性を失わないようにわざわざ作ってある、と考えれば良かった、とも言えますね。私は今度設定をいじったりして撮ってみます。まだ、D70の機能を1割も使っていませんので^_^;

お世話をお掛けしました。有り難うございました。

投稿: poohpapa | 2005.03.22 08:20 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/3386330

この記事へのトラックバック一覧です: D70使い勝手:

» 続・D70使い勝手 [微笑の日記《夢は誇りの郷建設》]
  昨日、書いてなっかたのですが、蛍光灯は紫色(緑の様な)になるのでフィルター使 [続きを読む]

受信: 2005.03.25 01:18 午前

« 新作花火その2 D70 | トップページ | 続・D70使い勝手 »