« 新作花火コレクション 秋田の話 | トップページ | 払田の柵 秋田の話 »

2005.02.23

堀ノ内(ほりのうち)遺跡 秋田の話

3000年前から、お晩です。

秋田県湯沢市上関字堀ノ内の堀ノ内(ほりのうち)遺跡から見つかりました。
縄文時代の河原にあった墓地の様ですね。
気になるのが四枚目の説明パネル。ストーンサークルでは在りませんが、石が並べられお約束のように焚き火の後が残ってますね。ストーンサークルの周りは墓地になってない様ですが、何か略式の祭事があったのでしょうかね。

17022301.jpg 

17022302.jpg 
アスファルトが矢の結んでる所や、土偶の首の処などに使われていました。
何処から持って来たアスファルトでしょうね。
秋田市界隈からでしょうかね。狩猟や船の防水には高価な接着剤として使われていた様ですから、土偶もとても大事なものなんですよね。
17022303.jpg 

17022304.jpg 
石の下に何も無かったと嘆いておられましたが、異次元との交流の石並べで在れば、モノは無いですよね。
神界や幽界とのこの世との交流の場。

|

« 新作花火コレクション 秋田の話 | トップページ | 払田の柵 秋田の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/3053034

この記事へのトラックバック一覧です: 堀ノ内(ほりのうち)遺跡 秋田の話:

« 新作花火コレクション 秋田の話 | トップページ | 払田の柵 秋田の話 »