« 御紹介します  秋田の話 | トップページ | 寒波ですね 秋田の話 »

2005.01.07

寒い日の夕食は  秋田の話

あっつ!写真を撮るの忘れて食べてしまいましたね。
キリタンポ鍋
比内地鶏のガラでダシをとり醤油で味をととのえ、ごぼうのささがき(鍋そこにたっぷりね)・シラタキ・長ねぎ・おあげ・舞たけ・きりたんぽと、比内地鶏の軟らかいお肉。煮立つ頃に、生で食べられるようなセリを入れちょっとふたをして出来上がり。私は、一味か七味を少し掛けます。
岩手の軟らかい赤鳥もいいですよ。お肉は指の大きさぐらいに切って、皮はお好みで付けたままでも美味しいですね。

他の地方の鍋と違うのは、白菜やお豆腐が入らない、作る時ふたをする、付け汁がない、といったところですかね。

きりたんぽ鍋は肉のお鍋です。たんぽ状のご飯だけを汁に入れるだけではありません。念のため。

是非、秋田の器で食べてみて下さい。冷たい漬け物も一緒にね。

|

« 御紹介します  秋田の話 | トップページ | 寒波ですね 秋田の話 »

コメント

あ、知ってます。
それたしか肉鍋っていいません?
水を入れなくてもちゃぁーんと汁がたっぷりなんですよね。おいしいですよね。
しばらくやってなかったので・・・。

今日はこれだ!!
焼き豆腐も入れてみよぅ。

投稿: | 2005.01.08 04:20 午後

豚のバラ肉にキャベツだけも美味しいですよ(^^)。
お水もお出汁もなしですけれどね。
食べる時に、お好みでコショウ。

長ねぎは家も常備やさいですね。

投稿: 微笑 | 2005.01.08 03:07 午前

ははぁ~当てられちゃいました!!
そうです、あとかた付けが簡単!が一番の理由でした。
野菜をあまり食べなくなった息子のためもありますけどね!

話は違いますが最近なんだか「ネギ」好きになって、お台所には絶対ネギたくさんあります。
いつでも「鍋っ!!」て感じもありますね。

投稿: 桜 | 2005.01.08 01:51 午前

桜さん お晩です(^^)。
後かたずけも楽ですよね。
冬、野菜も一杯食べられますしね。
とり肉の皮との間の油というかコンドロイチンのとろみ。
長ねぎ、セリの触感、舞たけの風味。
キリタンポの焼けた香ばしいご飯の風味。
又来週も作りましょうかね。鍋は、毋楽チンの献立。私が奉行です。

投稿: 微笑 | 2005.01.07 11:59 午後

こんばんは。
おいしい話にはつい顔をつっこんでしまいます(爆
いつも食べててもやっぱり美味しいですよね。
そう、「きりたんぽ鍋」はお肉の鍋でしたね。
忘れてました。ちゃんとお肉は選んで買ってくるのに。
白菜やお豆腐が入らない分こくがあるんでしょうね・・・。
ちなみに我が家では冬は毎日ほとんど鍋です。
経済的というか、簡単というか、美味しいというか、冷蔵庫整理というか・・・。はは・・・。

投稿: | 2005.01.07 11:10 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/2502654

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い日の夕食は  秋田の話:

» きりたんぽ鍋でお腹いっぱい [『こころんのキッチン』のこころんの夫の美味しいBLOG]
 昨日東北物産展で買って帰ったきりたんぽでさっそく「きりたんぽ鍋」をしました。  本来は鶏ガラでだしをとるようなのですが、昆布だしに鶏肉と鶏のつくねをいれ... [続きを読む]

受信: 2005.02.12 06:56 午後

« 御紹介します  秋田の話 | トップページ | 寒波ですね 秋田の話 »