« 秋田の話 | トップページ | 職人さんは働き者である  秋田の話 »

2005.01.04

雨から寒波に  秋田の話

170104 暖かに雨が降って元旦から積った大雪が溶けだしたと思ったら消えました。
そして、パソコンの前でもう2台か私二人欲しかったら日が変わるとこでしたね。
5日は、出掛けたいのですがどうでしょうね。
 秋田の新聞に、秋田の西武の地下で稲川町の伝統工芸品・川連漆器を一堂に集めた「川連漆器展」が、六日までやってるて出てましたね。
われらが職人さんの大関さんの仕事姿が載ってました。
5日6日は大関さんの体験教室があるそうですよ。
沈金彫りです又と無いチャンスかも。

寒波でもう外は、白いですね。

|

« 秋田の話 | トップページ | 職人さんは働き者である  秋田の話 »

コメント

桜さん お晩です(^^)。

「風待茶房 萌」定休日は第二、第四日曜と毎週月曜日
由利組合総合病院のすぐ隣ですね。
忙しくなりそうですが、寝込まないようにがんばりましょうね。

本荘も雪の時はすごいですものね。
本荘といえば、由利正宗の齋や酒造。
お酒の仕込み覗きに行きたいな−

投稿: 微笑 | 2005.01.07 12:03 午前

こんばんは。
え~!微笑さんに見に行っていただけるなんて思ってませんでしたよぉ。
とってもうれしいです。
売れなくてもよいので、正統な値段をつけました。
でも、開店前しかお店には行かないのでお目にかかることはないでしょうけど。良かったのか悪かったのか・・?夢は壊したくないですからね!

ところで、例の「萌」にいろいろ古布の作品を置かせていただく事になりまして大忙し。
店内で教室もやることが決定!思わぬ方向に仕事が進んで行きます。
今年はわたしにとって種まきの年・・と細木先生が言ってますから。

投稿: | 2005.01.05 11:51 午後

桜さん お晩です(^^)。
桜さんの「古きよきもの達」、楽しみです。
先日、ヨ−カド−のお嬢さんに御会い出来ました。
想ったより大きかったですが、べベを作るにはこの娘より小さいと大変そーですよね。
眼差しは、ブログの写真の様に艶やかでしたね。
側に長くいるとさらわれそうです。
きっと、桜さんは、もう・・・

投稿: 微笑 | 2005.01.05 11:12 午後

こんばんは。
先日母からこの画像のように立派なものではありませんが娘時代にお使っていた文箱を譲り受けました。もうすっかり味があって古くなってますが、かれこれ60年くらい前のもの。沈金でしょうね。後日「古きよきもの達」で紹介いたします。

投稿: | 2005.01.05 02:04 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/2473923

この記事へのトラックバック一覧です: 雨から寒波に  秋田の話:

« 秋田の話 | トップページ | 職人さんは働き者である  秋田の話 »