« 桧山納豆羊羹  秋田の話 | トップページ | ホームページ 秋田の話 »

2005.01.25

樺細工  秋田の話

樺細工の樺は山桜だと言う話は前にお伝えしましたがね。
山桜にも色々あるらしいので、樺細工に使う桜の種類は、次の様ですよ。

<樺細工で使われるサクラの樹種 1>

オオヤマザクラ(大山桜)別名ベニヤマザクラ(紅山桜)

●樹皮の特徴
平滑で横に長い皮目がめだつ。

●花の色・葉の色・樹皮の利用
花は淡紅色、かすかな芳香がある。
若葉は赤褐色をおびる。
樹皮は樺細工に利用される原料の中で最も良質である。

●分布
北海道・本州(近畿地方以南では局在する)・四国(山地の高所)に分布し、山地の疎林や林縁などに生える。
中部・関東地方では標高800m以上に見られ、ヤマザクラやカスミザクラより高所に生える。
南千島・サハリン・朝鮮半島にも分布する。

<樺細工で使われるサクラの樹種 2>

カスミザクラ(霞桜)

● 樹皮の特徴
平滑で横並びの皮目が目立つ。

● 花の色・葉の色・樹皮の利用
花は白色または微紅色。
若葉は赤みをおびず緑色。
樹皮は樺細工に用いる。

● 分布
北海道・本州・四国・九州・対馬・朝鮮半島・中国東部に分布し、
温帯の山地に広く生育している。四国や九州では大変珍しい。
垂直分布ではヤマザクラと重なることがあり混生する所もある。

で、今年はその桜の花の写真を撮れますように(^^)

樺細工の艶やかな光沢と質感を楽しんでいただけるように、それは素敵な樺細工を用意しましたからね。
二月オープンへ向けHP制作奮闘中です。

17012501一素材を極めた器 曲げわっぱ・静の生活道具 樺細工・
潤いのコントラスト 漆器・銀河の曲線家具 秋田木工

その制作に携わる職人さん情報と地域の様子、風景をお届けします。

|

« 桧山納豆羊羹  秋田の話 | トップページ | ホームページ 秋田の話 »

コメント

ピンポーン(^^)正解です躑躅森さん(本名)の仁右衛門塗りのテーブルです。

投稿: 微笑 | 2005.01.27 01:03 午前

う~ん!!
やっぱりただものじゃぁなかったんですね。
アップして見ましたがよく見えなくって。
これを見ていてぼんやり「横手のふるさと村」に展示してある、あの一連の作品を連想いたしまして・・・。
夢は「田舎造りの家」ですから。
母の実家の古~い「水屋箪笥」をお取り置きしてるんですがいつになったらとりに行けるものやら・・・。
私は川連塗りの朱赤っぽいテーブルを昔から使ってるんですけどもうボロボロ。
塗り替えしてもらおうとは思ってるんですけれども。愛着あります。

投稿: | 2005.01.26 11:07 午後

お晩です、桜さん。(^^)

流石ですね。このテーブル、造るのに二ヶ月弱掛かります。
この職人さんも造り置きが欲しいと言いながら、何時も造っている様です。
私ね、曲げ木の椅子を合わせて使ってもらおうと考えてましたらね、
この職人さんも、秋田木工に注文出してました。
どっしりとした此のテーブルに、軽く柔らかな形の椅子が似合うんですよね。
それにしても、桜さん、見る所がいいですね(^^)

投稿: 微笑 | 2005.01.26 10:55 午後

今晩は。
本日私はお道具の置いてあるテーブルに目が行ってます。私にとっては馴染みのある物達ばかりなのですが、なにやら怪しい趣のテーブル・・・
・・・素敵ですね!
HPわくわく楽しみですね。
もうじき2月です。

投稿: | 2005.01.26 10:10 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/2695951

この記事へのトラックバック一覧です: 樺細工  秋田の話:

« 桧山納豆羊羹  秋田の話 | トップページ | ホームページ 秋田の話 »