« 雪の多い一月に想う 秋田の話 | トップページ | 岩手の話  秋田から »

2005.01.14

「鶴の湯温泉」の自然薯(じねんじょ)秋田の話

 昨年の暮、菅原さんのブログ(コメントの処)で盛り上がりました自然薯(じねんじょ)の「鶴の湯温泉」ことが、秋田の朝刊に出てました。

山の芋すりおろしに電動式の新兵器/鶴の湯温泉が特許登録 - 01/14

私もね気になっていたんです。あの山芋は半端でない粘りがあり、注文受けてもきっと、嬉しいやら辛いやらのはず。
紙面にありました。佐藤社長も従業員もけんしょう炎や怪我が耐えなかったそうです。それでこの度、機械化に成功したんですって。美味しさはこれまでと変わらないそうです。善かったですね。これで、安心して注文出来ます(^^)
こう寒さが続くと、暖かいお鍋がいいですね。

|

« 雪の多い一月に想う 秋田の話 | トップページ | 岩手の話  秋田から »

コメント

お晩です 桜さん(^^)

お母さんその後お元気ですか?
とろろ汁のおだしは何派です。
家はカツオのだしか昆布で正油味。
みその家もあるんですよね。

HPのこと私の方法もお知らせしましょうかね。
本編でね。
今度連れててもらおうかしらね(^^)♪

投稿: 微笑 | 2005.01.17 01:04 午前

菅原さん お晩です(^^)。

自然薯の丸い種類で自分ですったことがあるのですがホントに、大変で・・・
美味しかったです。
月曜日が休みでいつもいけない人が、正月三が日は開いてたので行って、この自然薯のこと知らなくって食べずに帰って来てました。
凄くがっかりしてましたね。

投稿: 微笑 | 2005.01.17 12:48 午前

今晩は。
今日実家はとろろ汁でした。うまっ!
実家で食事したことばれちゃった!

・・・・腱鞘炎にはなるほどはないんですが
痒いかった。

投稿: | 2005.01.16 11:38 午後

う、う、う、早く行かねば。

投稿: 菅原 | 2005.01.16 06:12 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/2574751

この記事へのトラックバック一覧です: 「鶴の湯温泉」の自然薯(じねんじょ)秋田の話:

« 雪の多い一月に想う 秋田の話 | トップページ | 岩手の話  秋田から »