« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.31

今時の修学旅行 秋田の話

170131 ニフティのココログコンテストでココログ関係者が大賞を受賞という事件があった事が公になってるようで、公になっていない今日この頃ですが、企業として面白い仕事をしている企業のお話を・・・
 
 今日は作業の合間を見て駅に行って来ました。
週末にお世話になった方が結婚為さるので撮影に行って来きます。それで、切符を受け取りにびゅ◯◯ラザへ。
なんと、受付に小学生の修学旅行で一緒した元気で芯のある残念ながら人妻の添乗員さん。お久しぶりデース。
 この頃の修学旅行どうですかと聴いたらですね。近場の近県旅行が、飛行機使用が認められて、ないそうです。東京まで行ってしまうそうですね。
秋田の小学生がグループ活動で都内を歩くんですよ。びっくりです。恐いです。
私的には子供達は、宮城県や岩手県の優しい人たちの見守りの中からデビューして欲しい所ですがね。
 でも御要望を実現させる為に企業努力をみせるんですね。
 これまで同行させて頂いた小学校では、3クラスに先生5人と添乗員二人。
そして、カメラマン一人が就いてると言った具合でしたね。
そのまま、上京するんでしょうね。この頃、私が呼ばれてませんので状況が変わってるかも知れませんが(笑)

小学校時代山手線の内側を歩き回った私でも一年行かなくなったら、お上りさんになる街、東京に子供達が廻るのですから、企業的裏わざ人海作戦を起こしてるそうです。添乗員以外のスタッフの派遣。やはり人が大切です。机の上だけでは起る事は防げませんからね。
そして、都内のJR駅の従業員の半分が秋田出身という地の利?秋田弁が通ヂるって(訛ったな)。秋田の子供達が来ているのを知ってて観ていてもらえるだけでもトラブルは防げそうですよネ。
そういえば、昔、羽田でトラブルがあったら秋田出身ですとスタッフがフォローに来ましたが羽田もそうなんでしょうかね。脱線脱線。

迷子になった子供達と離れる事無く一緒に添乗員の処に連れてくるそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.01.30

真冬日  秋田の話

170129昨日の天気と今日の天気の違いはびっくりですね。
青空で陽射しが暑く窓越しに日焼けしそうな昨日と、吹雪の今日でしたね。
真冬日(気温が零度より上がらない日)でしたからね。
台風みたいな風が寒さを増した一日でした。
170130上の写真は、昨日の青空。下は、三分前吹雪で先が見えなかったのですがね、カメラ出したら止みました今日の秋田市です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.29

続・開店準備 秋田の話

工芸品つくりの職人さんのお店をサイトショップで開く準備中です。

今日の嵐の前の青空は清清しかったですね。
二月に入ると秋田の冬祭りが続くので、是非無い箇所か廻って来たいものです。
秋田ごと』さんで紹介のバスもありですかね。

2月10〜14日ですね。ひとり出回るのはちょっと寒そうですが、地元の人や旅人と話す機会でもありますね。

サイトショップにブログが付いてますので、この『微笑の日記』はこのまま継続出来そうです。お店のブログで職人さんの情報、秋田情報。バックヤードの打ち明け話は、ここでしょうかね。

もう二月ですよね。煮詰まって、パソコンみたいに重い動きです。
メモリー不足ですねって自分の体力、知力ですけれど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.27

総会参加  秋田の話

昔、お世話になった方から声を掛けて頂いたんですよ。
「メディア・リテラシー」あまり聞かない言葉ですよね。
数年前、ETVで海外では、初等教育の段階で、表現には意思があると言った事を学んで、自分を育てて行くといったことをしているのを見た事がありました。
その秋田・市民の会の発足です。
『どんな事なのか』ですとか、『講演会、公開フォーラム等の企画・開催』が決まりましたら、また御報告させて頂きますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.01.26

ホームページ 秋田の話

ホームページ。
 まだ、よく判ってないのに作り上げようとしています。
ブログはただただ書き込みして来て、五ヶ月ぐらいでしょうかね。

今、立ち上げてますのが、職人さんの応援サイトショップ【工芸品の情報と販売】。

 楽天は月の店賃?が高いので、まだ入れそうにないので・・・
Yahoo!をはじめ多種多様に受け入れて下さる所はある様ですね。
予算・目的などで自分にあった方法は探しきれれば可能なのでしょうが、探すのって難しいですよね。

前に、桜さんがお尋ね下さった話では、何方かが造って下さったが、開く段階で多額の金額が掛かると言う話でしたかね。

 私の立ち上げ方はこうです。
ホームページのドメインを管理運営して下さり、ある程度ショップの運営のフォロープログラムがあるところに年契約で少しでも安く安全な仕事をしてもらいます。
 手始めに、屋号のドメインが取れました。管理会社が手続きしてくれましたのでね、私は、英文の契約書と格闘しなくて済ませました。
そして、手間賃を支払って作る所は、自分で作業するということで・・・
今大変なことは、送料の設定です。管理運営プログラムではここに細かな設定も可能のようですが、商品ごとでなく、注文金額との設定なんですよね。
買って頂く方には、御負担はなるべくないようにとしましても・・・
(なんだか、話がHPの事のようで違って来ましたね)

ブログが簡単ですね。ただ、プログラムが各社違う様ですし、規約も違う様です。
ここの、cocolog. @niftyでは、条件をみたせば、販売活動も可のようですね。
>会員規約第17条(営業活動の禁止)第2項の定めに基づき、ユーザーはサービスを通じて営業活動を行なうことができるものとします。

と、言うのを見つけましたから。で、『第2項の定め』がなんだか確認してませんけれど。一寸、確認するのがすぐ見つかるようで見つからなくてごめんなさい。

それにしましても、今日、電話があったんですよ。
この『微笑の日記』は、あなたでしょって。そうなんです、私なんですって

明日、お会いして来ます。その方もびっくりだった様ですよ。何かの拍子に自分の名前を検索したら出て来て、ブログの中に懐かしい名前と自分の名前が出てたんですからね。
ん?でも当人は現役時代有名な方でしたからね。サテライト時代から・・・
また、書いちゃった(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.25

樺細工  秋田の話

樺細工の樺は山桜だと言う話は前にお伝えしましたがね。
山桜にも色々あるらしいので、樺細工に使う桜の種類は、次の様ですよ。

<樺細工で使われるサクラの樹種 1>

オオヤマザクラ(大山桜)別名ベニヤマザクラ(紅山桜)

●樹皮の特徴
平滑で横に長い皮目がめだつ。

●花の色・葉の色・樹皮の利用
花は淡紅色、かすかな芳香がある。
若葉は赤褐色をおびる。
樹皮は樺細工に利用される原料の中で最も良質である。

●分布
北海道・本州(近畿地方以南では局在する)・四国(山地の高所)に分布し、山地の疎林や林縁などに生える。
中部・関東地方では標高800m以上に見られ、ヤマザクラやカスミザクラより高所に生える。
南千島・サハリン・朝鮮半島にも分布する。

<樺細工で使われるサクラの樹種 2>

カスミザクラ(霞桜)

● 樹皮の特徴
平滑で横並びの皮目が目立つ。

● 花の色・葉の色・樹皮の利用
花は白色または微紅色。
若葉は赤みをおびず緑色。
樹皮は樺細工に用いる。

● 分布
北海道・本州・四国・九州・対馬・朝鮮半島・中国東部に分布し、
温帯の山地に広く生育している。四国や九州では大変珍しい。
垂直分布ではヤマザクラと重なることがあり混生する所もある。

で、今年はその桜の花の写真を撮れますように(^^)

樺細工の艶やかな光沢と質感を楽しんでいただけるように、それは素敵な樺細工を用意しましたからね。
二月オープンへ向けHP制作奮闘中です。

17012501一素材を極めた器 曲げわっぱ・静の生活道具 樺細工・
潤いのコントラスト 漆器・銀河の曲線家具 秋田木工

その制作に携わる職人さん情報と地域の様子、風景をお届けします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.23

桧山納豆羊羹  秋田の話

17012301♪ヤートセー  コラ秋田音頭です
(キタカサッサ  コイサッサ  コイナ)
お耳障りも あろうけれども ささと出しかける
(ハイ キタカサッサ  コイサッサ  コイナ)
♪コラ秋田名物・八森鰰 ・男鹿で男鹿ぶりコ
 能代春慶・桧山納豆・ 大館曲げわっぱ

 秋田音頭で唄われています秋田名物です。安東氏の城がある檜山の名物に納豆があります。そもそも納豆は後三年の役(1083〜1087)で源氏の馬の鞍に積んだ煮た大豆がわらの中で醗酵して出来た秋田発祥の食品ですね。
 そこで、この桧山納豆羊羹。正直何度か見送りまして食べずに無視してました。

桧山の納豆は粒の大きい大豆を使った、ふっくらと軟らかい納豆で、今のはやりではないでしょうが、私は好きな納豆です。長ねぎの刻みと、卵を入れてからしと青のりをかけるのが好きですが、卵なしでも食べてます。勿論、ご飯に掛けて食べる納豆です。この頃、ご飯はあきたこまちの七分づきです。このご飯にはまりました。
 
 その納豆のイメージ。腐そうな羊羹のイメージでしょう。
昨年の暮、食べてみることにしました。東雲羊羹(しののめようかん)という美味しい羊羹が作られている地域ですのでね。
17012302
イメージのギャップからか、美味しいのでびっくりです。
この納豆は甘納豆の納豆でしたよ。とても、紛らわしい素材でしたね。


八森鰰(はつもり はたはた)      八森と言う土地ではお魚のはたはた
能代春慶(のしろ しゅんけい)     能代と言う土地では春慶塗り
桧山(ひやま)納豆           桧山と言う土地では納豆
大館曲げわっぱ(おおだてまげわっぱ)  大館と言う土地では曲げわっぱ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.01.22

私の話

明日は復活出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.21

ダウン  私の話

17012101.jpg 

何年ぶりだろ、全く・・・
睡眠不足の作業が続いたと言うことで
何十年ぶりの、母のフレンチトーストが食べられた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.20

冬の風景  秋田の話

17012001.jpg  
 この頃の秋田の冬は明るい日が多くなりましたね。
昨日の秋田は空が光り輝いてましたよ。
以前は、パープルグレイのどんよりした雲に覆われてました。
半年というもの、青空を見ることはありませんでしたよね。

 雪の白さや時には吹雪くその様は好きですね。
積もり立ての雪の中を一歩一歩、歩くのが好きです。
音と感触と足跡が残って行くんですよね。ザく ザァくッてね
パープルグレイの雲はメランコリーな言葉ばかりが出て来てしまいますね。
冬の青空は、マツケンサンバも似合います。叩けボーンゴ♪です。

 冬の風景と言えば木々の白く積った枝がいいですよね。
今日の新聞に角館の風景が出てました。
韓国のTVのドラマ撮影だそうです。
イ・ユンギ監督と主演のペ・チョンオクさん。「冬のソナタ」のスタッフ数人を含む24人だそうです。20日に帰国。五月に韓国で放送予定だそうですよ。
そういえば、角館の武家屋敷は樹が高く伸びていて、道の両側にそびえていますので、「冬のソナタ」に出てくる冬のシーンに似ているかも知れませんね。

 今、この寒さの中で、お酒が造られています。冷たい水で米を洗い、朝3時から蒸し、蒸し上がったお米(美味しいご飯)を冷まして麹菌をうえつけて・・・って三ヶ月掛かります。
ねっ!絞りたての日本酒ってどんな色してるか御存じですか?
とーめー。じゃないんですよ。うすいウグイス色に近い感じです。
それは、麹菌の色なんですね。
酒蔵によっては様子を見せている所もある様です。覗いてみてはどうです。

 ところで、poohpapaさんのお見えになる岩手県と秋田県の風景でちょっと気に入ってる所がありますので、御紹介。poohpapaさんは今回は見て回れ無さそうですがね。見られて廻る幸せものの役柄ですから。
東北新幹線はコンクリートで囲われてますよね。ところが、もともと単線の田沢湖線の幅を広くした鉄道なので、265kmも出しませんので囲いもなく、高さもなしです。「こまち」の走っている姿が見られてなかなかいいものです。
秋に黄金の稲穂の中の「こまち」を見ました。この冬の雪の中の「こまち」もなかなかです。田沢湖線のゆっくり新幹線の風景ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.19

今日のお弁当  秋田の話

17011901 工芸品、秋田杉の曲げわっぱです。
これは、小判型大(8.925円)。他に小(8.190円)もあります。
昔からの形です。
形も色々あります。栗久さんオリジナルもお勧めですよ。
ご飯が美味しくなるお櫃同様のつくりです。
蓋が8〜10mm近くあります。そこ板はそれほど厚くはありません。
秋田杉が保湿保温効果です。なんでも、東京の夏の駐車場の車にこのお弁当を置き忘れたそうです。もう腐ってるだろうと取り合えずお昼に取りに戻ってみると、何ともなかったそうです。これは、栗久のお客さんの体験談です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.01.18

続・秋田市・太平山三吉神社ぼんでん祭り 秋田の話

17011801

17011802
      17011803           17011804

 
秋田県内市内と

秋田にはいっぱいボンデン祭りがあります。ここだけ、『けんかボンデン』といいますね。地域の住民同志が信頼しきってぶつかりあって、仲良くお酒飲んでる様ですよ。
旧町内の人たちの奉納にはそんな楽しみ方を判っていて、お守りを振る舞ったり競い合ったりしてるようでした。
ほんの数分の持ち時間のようですから、反省会もあるんでしょうね。
なにより、善いお酒がまっていそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.17

秋田市・太平山三吉神社ぼんでん祭り 秋田の話

17011701太平山三吉神社(田村泰教宮司)のぼんでん祭りが17日、秋田市広面の同神社で行われました。
「ジョヤサ、ジョヤサ」の掛け声とともに、はんてん姿の若衆たちが激しい先陣争いを繰り広げるお祭りです。

 午前10時半ごろ、「梵天唄(ぼんでんうた)」を歌いながら、赤や白、黄色など色とりどりのぼんでんが市内各地から集まりました。ことしは学校や企業など73団体が91本を奉納とのことですね。
同神社に祭られる力の神「三吉霊神」にあやかろうと、若衆たちは境内にある幅約2・5メートルの狭い階段を一気に駆け上がります。われ先に奉納しようと激しくもみ合うと、見物客から拍手や大きな歓声がわきます。

17011702  このぼんでんに付いている三角のお守りを奉納前に奪い合うんですね。それで、なかなか前に進めない様子になる様ですね。
木札と何かを神社に我先に奉納しようとしているようでした。

神社の入り口に居たのですがね、木札が私に飛んで来てカメラにぶつかって暫く、私と隣の人のとこにありまして・・・

ところで、激しく奪い合っていたお守り見せてもらいました。
雄和町の佐藤さんです。
ひとつ下さいました。なかなか綺麗なものですね。

17011703写真:ぼんでんをかつぎ駆け上がる若衆たち
写真:お守りを見せてくれた、お守りと雄和の佐藤さん
写真:頂いたお守り

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.01.16

岩手の話  秋田から

170115_ブログ『悪徳不動産の独り言』のpoohpapaさんが岩手にお見えになるそうなのでね、美味しかったものの御紹介。
えさし藤原の郷の売店で購入。
なんでも江刺にこのお菓子やさんが育てた栗でつくったそうです。この栗羊羹。
とても美味しかったです。
ただ、数に限りがあるそうです。

隣の向山公園に高見やぐらが、古代さながらにありましてね、四方に山が見はらせて古代にどんなだったかとね、ぶるぶる震えながら見入りましたね。

大河ドラマの義経の頃の、藤原氏

安倍氏

大和の前の、日高見国

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.14

「鶴の湯温泉」の自然薯(じねんじょ)秋田の話

 昨年の暮、菅原さんのブログ(コメントの処)で盛り上がりました自然薯(じねんじょ)の「鶴の湯温泉」ことが、秋田の朝刊に出てました。

山の芋すりおろしに電動式の新兵器/鶴の湯温泉が特許登録 - 01/14

私もね気になっていたんです。あの山芋は半端でない粘りがあり、注文受けてもきっと、嬉しいやら辛いやらのはず。
紙面にありました。佐藤社長も従業員もけんしょう炎や怪我が耐えなかったそうです。それでこの度、機械化に成功したんですって。美味しさはこれまでと変わらないそうです。善かったですね。これで、安心して注文出来ます(^^)
こう寒さが続くと、暖かいお鍋がいいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.13

雪の多い一月に想う 秋田の話

 むかしの雪国の人は小正月の準備を楽しんでたんでしょうかね、この時期は。
今年は風船上げ行って見る予定ですが、今、作っているのでしょうかね。
西木村の風船上げ、秋田市からだと何時頃でればいいですかね?
(どなたか教えて下さい)
湯沢の犬っこ祭りや、角館のかまくらも雪がないと様になりませんけれど、多いと毎日が大変ですよね。
大館もかなり寒そうです。朝昼晩と雪掻きでしょうかね。
今日は本荘の方も積ったのでしょうか?

寒いですけれどね、雪の中の散歩が好きです(^^)。
交通量の多い所は、車は滑らなくっても歩行者の足下が滑るようにピカピカですよね。昨年使った滑り止めを長靴につけときましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.12

寒いです  秋田の話

170112お昼の広小路。バスの屋根から雪が落ちそうです。
水道が凍結するかもしれませんね。
5年前、昼間から凍ったところがありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.11

秋田にテーマパーク  秋田の話

<秋田ごと>さんの家のお宝見てましたらね、前々から秋田だから作れるテーマパークがあるんです。そのことをちょっと・・・

 今年の愛知万博にトトロの映画の家族の家を再現したそうですね。
今の若い方々に懐かしく感じて落ちつくそうですね。
 秋田にもそんな部落の再現集落を空港や駅の便の善いとこに欲しいですね。
朝もや、夕焼けや星も楽しめる近代的施設を見えなくしたもの作れませんかね。
 昔ながらに生活して頂く村民付き。
都会の俳句や写真好きの方々に遊んで頂く場所の提供です。四季折々何度でも来て頂きましょう。
 大型バスが一度に10台来ても10分少々でトイレが済む施設があれば、
他に行く観光バスも利用してもらって、お土産を一杯買って行ってもらいましょう。
トイレタイムはお財布タイムです。旅行者は使いたがってます。
お土産タイムになるように、トイレの時間を気分よくスムーズにが大切ですね。
どうも、秋田県内にはそこいらへんが足りないようで、美味しいところを隣県に持って行かれてるようですから。

170111内陸線沿いの道路。前にも書きましたが、パチンコ屋さんとモーテルがなくて感動しました。
今の内に建設できないようにして昭和30年代ゾーン建設出来ませんかね。
内陸線鉄道と道路の両方楽しめる環境と、昔ながらの生活を続けて頂く村民がいる環境です。

都会の人のくつろぎテーマパーク。牛も豚もトリもお魚も野菜もお米もお水も空気も安全印付き。

不便で何もないから、都会の人には素晴らしい環境なんです。
楽しんで行ってもらいましょうよ。秋田を(^^)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.01.10

成人式の今日  秋田の話

半徹をこのところ続けていて寝てましたね。
 自分(^^)の成人式の日を思い出しました。
『桜さん』じゃないけれど、打ち明け話・・・

 中学/高校と身体が弱いわりに気が強く、という話ではなっくてね。

170110 別役実の戯曲「カンガルー」の台本を友人の部屋で刷ってました。
寒い日でしたね。凄い雪でした。
当時、今では当たり前にある様ですがね、社会人と学生混合演劇集団に所属していましたね。
「シアター獏」っていいます。3年間の活動で、別役実の不条理劇と当時まだジャズダンスという言葉もなかった頃でしたがね。前年は、劇団四季の振り付け師 向井好一さんをお招きして、黒テントの佐藤信の「モーターサイクルミュージカルショーおんなごろしあぶらの地獄」音楽は林光、演出、依本悟。

 そういえば、この年この月でしたね。豪雪。
 横手に始めて芝居仲間と行き、街がボブスレ−のコース状態で。
雪の中転んだら、地元の人が、ウサギコロンダって声掛けてくれましてね。
寒いのに暖かかったです。
翌週、仙台の浅川マキコンサートに行くつもりで朝、秋田駅に行きましたらね、
プラットホームとプラットホームが雪で平らに全部埋まっていましたね。
駅前のアーケードは、かまくらになってました。
 自宅では、兄が平屋の屋根からスキーで滑って遊んでた様です。

 ところで、台本を刷ってた友人は今も芝居を続けていて、昨年、秋田県芸術選奨受賞しましたね。
今回、湯沢の秋田木工さんに行ってたら、彼の所属会社からの依頼で放送局のセットを受注していることがわかりました。先日会った時確認したら確かでして、なんだか嬉しかったですね。

 昨年の受賞といえば、映画ゾルゲで美術賞を受けた彼も、高校同期です。高2の時、私が死んだという噂があったらしく、心配して見に来てくれましたね。
今年も仕事がいっぱいで忙しくなってる様ですが、秋田県からの依頼も受けてくれて秋田に貢献してくれそうです。

二人とも好きなことを仕事にしてきて油がのって来た様です。
今度取材させてもらいましょうかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.09

明日は成人式ですね 秋田市もです

秋田県内では集まりやすい正月中にお祝いした町もあるようでしたね。
全国的に明日は、成人式ですね。
秋田市の今日みたいなドカ雪だと、送り迎えの方々は大変ですね。
今年はどんな風景になるのでしょう。
携帯が出たころから、電話をしてるのか目の前の友人と再会を喜んでるのか、はためには理解しづらいものがありますがね。
それに、携帯デシカメ合戦。
今年はムービーがどれくらい活躍するのでしょうね。
チョット覗いてきましょうか。
着物をどんな楽しみ方してるかも見てみたいですから。
けっこう、男子の着物も増えてますからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.08

寒波ですね 秋田の話

夕方から吹雪き出しましたね。
お昼に近い朝、お日様が覗いたので、気分があかるくなりました。
今夜は冷えそうですね。
DDIポケットの圏外に来てます。まだ、送信できません。
路面が滑りやすいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.07

寒い日の夕食は  秋田の話

あっつ!写真を撮るの忘れて食べてしまいましたね。
キリタンポ鍋
比内地鶏のガラでダシをとり醤油で味をととのえ、ごぼうのささがき(鍋そこにたっぷりね)・シラタキ・長ねぎ・おあげ・舞たけ・きりたんぽと、比内地鶏の軟らかいお肉。煮立つ頃に、生で食べられるようなセリを入れちょっとふたをして出来上がり。私は、一味か七味を少し掛けます。
岩手の軟らかい赤鳥もいいですよ。お肉は指の大きさぐらいに切って、皮はお好みで付けたままでも美味しいですね。

他の地方の鍋と違うのは、白菜やお豆腐が入らない、作る時ふたをする、付け汁がない、といったところですかね。

きりたんぽ鍋は肉のお鍋です。たんぽ状のご飯だけを汁に入れるだけではありません。念のため。

是非、秋田の器で食べてみて下さい。冷たい漬け物も一緒にね。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.01.06

御紹介します  秋田の話

1701060217010601秋田の西武地下での川連漆器展示会に行って来ました。
沈金職人:大関廣さんです。今日はデパートでしたのでこの写真は秋の稲川町のものです。
沈金の実演が見られますよ。
今月は11〜18日大坂心斎橋の大丸です。
そして21〜26日福岡は博多の北東北三県の夢プラザです。
お近くの方どうぞお寄り下さいね。

沈金で黒い漆器から金で福寿草が出て来たら、なんか嬉しくなりましたね。
 其れと沈金の他ですが、朱一色のタンスがありました。
25万円ぐらいでしたかね。
とても素敵でしたね。デパート内でしたから、写真撮れませんでしたけれどね。
北窓の部屋でないと、日焼けするそうです。
北窓の部屋も明るくなる存在感がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.05

職人さんは働き者である  秋田の話

170105人の幸せが一様でないように、価値観が色々あると言うのは分かっていたことなのですがね。
職人さんは働き者です。
でも、不機嫌だったり不満そうだったりするのはきっと手が止まっている時であて、作業している姿は自信に満ちている様ですよね。
自分の仕事がどの様に評価されているかを知る仕事に関わっている大人は今どのくらいいるのでしょうかね。
どうもそう言うことが、人には大切な様です。
今回紹介させて頂く、職人さん達の生き方と商品は、そんな忘れがちな事に気が付かせてくれるんですよね。

それにしましても、パソコンの前でコツコツというのも欲求不満になってきます。
明日は、西武地下に行って職人さんにパワーを頂いて来ましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.04

雨から寒波に  秋田の話

170104 暖かに雨が降って元旦から積った大雪が溶けだしたと思ったら消えました。
そして、パソコンの前でもう2台か私二人欲しかったら日が変わるとこでしたね。
5日は、出掛けたいのですがどうでしょうね。
 秋田の新聞に、秋田の西武の地下で稲川町の伝統工芸品・川連漆器を一堂に集めた「川連漆器展」が、六日までやってるて出てましたね。
われらが職人さんの大関さんの仕事姿が載ってました。
5日6日は大関さんの体験教室があるそうですよ。
沈金彫りです又と無いチャンスかも。

寒波でもう外は、白いですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.03

秋田の話

今日は雨でしたね。ゴム長が歩きやすかったです。
ホームページのトップのラフまで出来て来ましたが、
細かいとこの作業が大切になってきますね。
秋田の西武に職人さん来ているはずなのですが何時会いにいけるかなー(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.02

皆さんのお宅は?

170102家々で違うんですよね。
我が家は、母が佐賀出身で関西経由東京でしたのでこんな感じですがね。
皆さんの年取はどんなでしょうね。
お雑煮。雑煮に何故『お』をつけるのかなと想ったら、龍神様の残して行った抜け殻を煮て食べたそうで・・・
初もうでに行って、さんざんお願いしておいて、食ってしまうのは気が引けますよね。そこで、ここでは『お餅汁』にしますね。
トリのだしに薄く醤油、大根、ニンジン、ごぼう、生椎茸、とり肉、三つ葉。
お餅は、四角いのを焼いて入れます。
お宅の『お餅汁』はどんなですかね?

だし・醤油かみそ・具・肉か魚か無し・お餅はきり餅かまる餅・その他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

新年ですね  秋田も雪の中です

170101新年あけましておめでとうございます(^^)。
 今年は愛知万博がありますね。
明治の日本が世界に日本をアピールしたのに万博がありました。
今、私達日本の人たちが、環境と文化について考えるチャンスの年かも知れませんね。

今年も、私の身近な職人さんを通して、自然の持つもの・人がこだわるものから何かを見つけていければと想います。
今年は『昭和』もキーワード。職人さんの生まれ育った時代です。大切なものが見つかりそうです。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »