« お店の開店てんてこ舞い 秋田の話 | トップページ | 開店準備 お店の名前 秋田の話 »

2004.12.08

今日は・・・

 県北の職人さんの物造りしている写真撮らせて頂こうと予定しましたがね、
母の具合が優れなかったので中止しました。残念。
夕食には食欲も出て具合も快復しましたので長引かなそうです。
161208.jpg
今日は40年程前の名刺判白黒写真の修復拡大プリントの作業・・・

|

« お店の開店てんてこ舞い 秋田の話 | トップページ | 開店準備 お店の名前 秋田の話 »

コメント

 そうなんです。大化の改新の後、日高見国であった東北と大和が一つの国になる為に、九州から開拓民が東北に、東北から九州に入植させられた時代があるようですよ。私もそんな民の子孫かも知れませんがね。
それ程大きな部族が大和と違う部族が居たと云う事だと想えます。
 巫女のお告げで政をしていた邪馬台国クラスの民。九州で見つからない様ですね、秋田にあったりして。

確かに、秋田美人持ち出し禁止法が実施の必要があります。後三年の役以後厳しいものがあり・・・現代は青年男子の職が無く、恋人が金土の夜行バスで彼のとこに行く遠恋バスが運行。仙台など。(^^)普通の夜行バスです。
秋田美人と云いますが、男性も善い顔しています。お殿さまのような、最近は背も高く。羽振りの云い都会の女性に持ってかれないように話題にしていませんよ。
地元の跡継ぎ社長さんの奥さん、東京のお嬢さんが多いかも!

投稿: 微笑 | 2004.12.10 02:36 午後

ごめんなさい。さっきのコメント書いた後で「プロフィール」に気付きました。ご両親は九州の方でしたか。南から北へ移動されたのですね。

投稿: 菅原 | 2004.12.10 12:55 午後

やはりけっこうあちこち移住するんですね、日本人も。これって都市化、工業化よりはるか昔から行われているんです。私も18歳から流浪の旅に出て、故郷が遠くなったので、七軒町がどこかわかりませんが、何でまた北から南へはるかに遠い土地に移って数学を教えていたんでしょうかね。私はいつからか東北にあこがれて、嫁さん募集に行ったら、それでなくても都市へ出る女が多いと、あっさり断られました。女性不足だから、持ち出し禁止(?)だとか。

投稿: 菅原孝雄 | 2004.12.10 10:40 午前

お晩です。菅原さんよくいらしゃいました。(^^)
作家さんなんですかね?
九州の大分ですか。嬉しいですね。実は縁があるんです。
家のおじいちゃん。
そお、祖父が大分の七軒町という町の中学校で数学の先生をしていたそうです。
当時、父は小学校ぐらいだたのかな?
亡くなる前の昔話にはよく福岡から大分に掛けての温泉や風景が好いと話してましたよ。
何か、嬉しいな。<負けるな知的中高年>ですね。
今、オヤジが売れだしますよね。
古き良き昭和男・・・

投稿: 微笑 | 2004.12.09 09:50 午後

何かの拍子でついに秋田にたどりついたぞ。角館、縦貫鉄道など、懐かしく写真と一緒に拝見。阿仁合辺りの鉱山で働いた家族が九州大分県にある日本鉱業に移動して住み着いていました。その娘たちは皆美人ぞろい。その一人が愚生の義理の叔母に。阿仁合の熊肉、食べられなかったけど、温泉だけは心置きなく。これからずっと、読ませていただきます。auのケータイ、買い替えはこの12月がいいタイミングだそうです。マーケティング部の偉い人が言っていました。タルビーも出ましたが、女性はあまり好きなデザインではないか。

投稿: 菅原孝雄 | 2004.12.09 08:45 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/2201713

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は・・・:

« お店の開店てんてこ舞い 秋田の話 | トップページ | 開店準備 お店の名前 秋田の話 »