« 秋田内陸縦貫鉄道 | トップページ | 今日は角館  秋田の話 »

2004.11.23

内陸線沿いは素晴らしい 秋田の話

161123.jpg
 内陸線沿いは素晴らしい。
昭和三十年代の武蔵野を舞台にしたというトトロの森みたいな風景が続きます。
パチンコ店とモーテルがない。これがすごい。
あったら教えて下さい。見た覚えが無かったのでね。

 私のDDIポケットが全く圏外。
画質のいい写真もブログに送れないので、auに換える事になりそうです。WINの機種安くなりますように。

 この内陸線沿線を昭和の風景保存地帯にして、観光と安全な農産物地帯にしたらどうでしょう。
ボンネットバス(てんぷら油で走るエンジン)を走らせ、内陸線も走り、大型バスも何台も来ても、一度に100人が来ても10分で済ます事のできるトイレがある駐車場が、鷹巣と角館を含め4ケ所整備されれば観光目的の人が楽しむ事でしょうにね。
無論、駅と駐車場が離れていては不便になります。風船あげるところが丁度そんな感じですけれどね。

写真・俳句・ウオーキングこんな風景を歩きたい人が、よその県にはいっぱい居る様ですよ。

|

« 秋田内陸縦貫鉄道 | トップページ | 今日は角館  秋田の話 »

コメント

 曲ワッパの職人さんが言ってました。絶えまなく続けて、売り続けられる物で無ければ消えて行くと。
便利簡単手間いらずが、果たしていいことなのかと。
伝えていく、文化を・人の生きる知恵を伝えて行けなくしている時代なのでは無いかと。
作り手を、生かすも殺すも消費者の生き方に関わって来ますね。

投稿: 微笑 | 2004.11.25 12:04 午前

今日、厚生大臣賞やらが発表されましたね。
稲庭佐藤養吉氏がそのうちの一人でした。
コメントを聞き
じみちに積み重ねていくことの大変さを感じました。
伝えてゆくことの大変さも・・・。
こんな方が一人でも多くいないと日本の文化は廃れてゆくんですね。

投稿: | 2004.11.24 08:18 午後

コレコレこの風景
まさしく目指している生活のレベルです
庭の窓を開けると隣の家のトイレの窓の前・・とゆうのはごめんなさい、です
最近物騒ですけど・・でも目指したい静かな自給自足の生活

内陸線は一度は乗ってみたいと思ってましたが
なかなか行けないもんですね
途中下車をしてのんびり散策できれば・・・
これも憧れで終わるんでしょうか(爆)

投稿: | 2004.11.24 12:48 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/2048103

この記事へのトラックバック一覧です: 内陸線沿いは素晴らしい 秋田の話:

« 秋田内陸縦貫鉄道 | トップページ | 今日は角館  秋田の話 »