« コメントを頂いて 秋田の話 | トップページ | 内陸線沿いは素晴らしい 秋田の話 »

2004.11.22

秋田内陸縦貫鉄道

161120.jpg
 秋田県の沿岸と奥羽山脈の間に、米代川沿いの鷹巣町と、小京都で有名な角館とを結ぶ鉄路、秋田内陸縦貫鉄道(秋田内陸線)があります。
大正時代のプランが昭和に工事が始り、中断しては進み、平成元年に全線開通した単線の鉄道です。
 恵み豊かな田んぼの中、マタギの里の山岳地帯と風景が変わります。
 秋田内陸線の駅数は、29駅。有人駅が4駅、委託駅が3駅、無人駅が22駅です。
また、営業総キロ程は94.2kmで、駅間の平均距離は3.36kmとなっています。
阿仁前田 あにまえだ 駅は平成7年に出来た温泉駅舎です。
二時間二十分の旅楽しんでみては・・・

|

« コメントを頂いて 秋田の話 | トップページ | 内陸線沿いは素晴らしい 秋田の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/2037280

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田内陸縦貫鉄道:

« コメントを頂いて 秋田の話 | トップページ | 内陸線沿いは素晴らしい 秋田の話 »