« 明日は、県北に買い出しです。秋田の話 | トップページ | コメントを頂いて 秋田の話 »

2004.11.20

偉い大分の知事さん 秋田の話ですけれど

むかし・むかし 木工の加工製造がうまい県民が居る事を知って、競わせて、東京で発表会を開いた北国の知事がおったとさ。
それはそれは密に引き締まった杉の素晴らしい木工品が形変えて、ぎょーさん出はったとさ。
それを見て、ドテンシタ東京はじめ全国の民が、争うように北の里さ注文したと。
北国はうるおったと。
それを見ていた大分の知事さん。一村一品運動を始め、今だに売れる場と発表する場を持ってるんだと。
 その後、北国の知事さん替わって、木の加工の仕方の窓口さ役場から撤廃して、売る場も人さ見せる場もなんもなくしてしまったと。開発研究窓口消えて無くなったのでな、売れね、つぐ者も居ね。今の形っこなーもないと。
あと十年で、伝え教えられなくなるとこだと。
北国さびれたと。
また、北国の知事さん替わったども、役場に窓口なあーもないとさ。

北の職人さんのは・な・し

|

« 明日は、県北に買い出しです。秋田の話 | トップページ | コメントを頂いて 秋田の話 »

コメント

 実際にはあったことがないのですが、このころの大分県知事しっていますよ。なぜはって、インターネットが使えるように前は、パソコン通信でした。そのときには、いち早く大分県の一般の人がパソコン通信のホストを立ち上げてがんばりはじめたころ、知事さんも参加していましたからね。
 そのころ大分県をみて感じたことは、民間の方のやる気をうまく引き出しているなと思いました。

投稿: kiyoaki | 2004.11.20 06:58 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/2010943

この記事へのトラックバック一覧です: 偉い大分の知事さん 秋田の話ですけれど:

« 明日は、県北に買い出しです。秋田の話 | トップページ | コメントを頂いて 秋田の話 »