« 災害が続きます | トップページ | 新潟県中越地震 »

2004.10.25

職人さん

161025.jpg

 今の時代にも使い勝手の善い日々使える道具の造り人を探しに260キロ走って来ました。
確かな腕を持ち、生涯メンテナンスを考えている姿勢はどなたもお持ちで、私の考えを当然の様に受け入れて下さいましたね。
お昼に食べた『極め付け親子丼』のどんぶりは、お会いしに行った曲ワッパの職人さんの造ったものでした。
曲ワッパですけれどね、すり鉢状で食べやすいんですよね。これまでは、垂直な線が曲ワッパだたんですよね。仕舞う時も重ねられるというオイシサもあるんですね。
因に、この親子丼美味しかったです。筋向かいに座ってらした方の、デミグラスソースの中にふっくらとしたオムライスも美味しそうでしたね。

|

« 災害が続きます | トップページ | 新潟県中越地震 »

コメント

桜さん ありがとう。指示を得て、疲れがとれますね!
梨花先生の話また聞かせて下さい。

投稿: 微笑 | 2004.10.26 02:59 午後

そうなんです。
ホントに梨花先生は素晴らしい方です。
十数年前私の母がきっかけとなって教室を始められました。
マネージメントをさせていただけたらと・・・。
希望的な考えですが、もっと多くの方に見ていただきたい
あるいは習っていただきたいと考えております。
実現へ向けて構想練っております。

投稿: | 2004.10.26 12:31 午前

負けました。
私も結構根性あるほうだと自負してましたが
こんなお話は嬉しいです。
新しいものは新しいものとして
なじんだものは生涯愛する・・こんな姿勢は
昔人は当たり前のことだったと思うのに・・・。
息子には伝えていきます。
子どもながら少しわきまえてくれていて
むやみに新しいものを欲しがりません。
でも・・・周りに流されることもあるんだな、きっと。

投稿: | 2004.10.26 12:16 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50992/1774060

この記事へのトラックバック一覧です: 職人さん:

« 災害が続きます | トップページ | 新潟県中越地震 »